引き寄せの法則

引き寄せの法則は効果がない?!引き寄せに隠された衝撃の事実

両手を広げる女性

こんにちは!

ナビゲーターの藍です!

「叶えたい願いを強く願えば叶う!」

「あなたの思考がすべて現実になるので、常にポジティブでいましょう!」

引き寄せの法則が知られるようになって、何年も経ちますよね。

「シークレット」や「ザ・キー」は書籍化されると飛ぶように売れ、その驚きの内容は世界に衝撃を与えました。

本を読んだり映画を見ると、すごくワクワクしますよね。

実際に「私も明るい未来を引き寄せたい!」と実践した方も多いと思います。

でもね、ぶっちゃけ思いませんでしたか?

「引き寄せの法則をしたけど、全く引き寄せが発動しないんだけど…」

「嫌なことばっかり引き寄せられるんですけど…」

きっと実践した方のほとんどは、引き寄せの法則の真実を知らないので、こう思われるでしょう。

ただね、実はこれは間違いです。

引き寄せの法則はほぼ一人として例外なく、現実化されているんです。

引き寄せの法則をしていない人でも、日常的に引き寄せを現実化してます!

ではなぜ、あなたの望む現実が、いつまで待っても訪れないのか…?!

その謎について、今回はご紹介していきますね。

引き寄せの法則は誰でも毎日行っているという衝撃の事実!

子どもの天使

引き寄せの法則って簡単に言うと

「自分が願った出来事や人を引き寄せる」

という法則のことです。

確かに「ラッキーを引き寄せる」と意識する人もいますが、

でも実は引き寄せの法則を全く意識していない人でも、日々引き寄せの法則を実践しているんです。

つまり、誰でも引き寄せ力があるってこと!なんです。

その事実は、脳科学からご説明していきます。

脳科学から引き寄せの法則を説明!

脳

人はぼんやりしている状態でも、実はそのすべての情報を五感から取り込んでいます。

それこそ外の看板の文字や色や形、すれ違う人の顔や服装や様子、空や木々や風景、肌に触る感触や漂う匂い、耳に入ってくる雑多な音…。

一瞬外に出ただけでも、膨大な量の情報が流れ込んでいるんですね。

しかしその五感情報のすべてを認識して記憶するには、脳は大変なエネルギーとメモリーが必要になります。

でもそんなことは、すっごく非効率。

そんなときに働く機能がRAS(網様体賦活系)という情報処理システムです。

RASは(レティキュラー・アクティベイティング・システム(Reticular activating system)のこと。

この機能は、あなたが目から取り込んだ情報の中から、特に重要だと思う情報だけをより分けるフィルターの役割があります。

RASを通過した情報だけが認識されてときに記憶され、通過しなかった情報はすり抜けていきます。

つまりですね、このRASを通過するような情報だけが、自分の手元に残るんです。

それ以外の情報は、スコトーマ(心理的盲点)といって、RASを通過できない=認識できない情報になってしまいます。

認識できないので、その情報はあなたにとって、「無いもの」として処理されます。

ここが重要なのは、例えば常にネガティブな気持ちを持つ人は、脳がネガティブ情報を重要と判断します。

そしてネガティブ情報をRASで通過して、より多くの情報を集めてしまうのです。

「一所懸命に頑張ってるのに、嫌なことばっかり起きる!!」

という人は、いつも「嫌なこと」に焦点があたって、その部分だけ集中してピックアップしています。

さらに嫌なことにばかり焦点を当てるので、自分の性格を変える方法や、周囲とのコミュニケーションを円滑にする情報などに、あえて目を向けていません(スコトーマ)。

人間関係を良くする方法はたくさんあるのに、あえてその情報は見ないように脳が処理をしちゃっているんです。

この状態だと、自分の思考を変えない限り、「嫌なこと」が起き続けますよね。

人の脳にはこのRASがあるので、

誰でも、脳が重要だと判断する情報(現実)を常に引き寄せ(集め)、その情報をもとに行動している

ということなんです。

これが脳科学から説明した、引き寄せの法則の衝撃の事実。

だから誰でも日常的に引き寄せの法則を発動してるので、効果がないわけではないんです。

引き寄せが言う「ポジティブになりましょう」の意味

ハートを飛ばす女性

自分が常に考えることを脳は重要だと判断して、それに関連する情報をRASを通して記憶していく…。

これは日常生活を滞りなく起こる上での、脳の自然な最適化の機能ですが、先程言ったとおり、ネガティブな人はネガティブな情報ばかりが集まってしまいます。

だから引き寄せの法則では、

「ポジティブな出来事に目を向けましょう!」

「ラッキーなことを引き寄せましょう!」

と呼びかけているのです。

脳がラッキーな情報を重要と判断すれば、ラッキーな情報を率先して集めるようになるからです。

「引き寄せの法則で、アファメーションをしたり、ポジティブな言葉を使っています!それでも現実がネガティブなままで変わらないんです!」

そう…。

引き寄せの法則を知った人が、

  • 人に感謝をする
  • ポジティブな思考でいる
  • アファメーションを毎日行う

これらの行動をしているのに、目の前の現実が今までと全く変わらない…。

そんな「引き寄せが現実化しない!」という現実に直面しているんですね。

これにも実は、理由があるんです。

引き寄せの法則が現実化するための大原則とは?

気づき

実はね、引き寄せの法則を現実化させるには、もう一つ条件があります。

それは、『行動する』というステップ。

引き寄せたいことに意識を集中する+行動する

これが引き寄せの法則の大原則です。

たとえ周りに感謝したりポジティブ思考に変わっても、行動や選択が今までと変わらなければ、現実は結局変わりません。

ポジティブな思考になれば、ポジティブな情報が集まってきますので、それに合わせて自分の行動も、今までとは変えていく必要があるんですね。

「私はお金持ちになりました!」

と毎日宣言するだけではなく、収益アップするような行動をして初めて、お金持ちになるという現実が引き寄せられるんです。

引き寄せの法則を「願えば現実が変わる」というまるで魔法のように考える人もいます。

それも間違ってはいないのですが、

願ったような現実に合わせて自分の行動や選択が変わっていく

ということが結果的に、願う現実を引き寄せて、現実が変わっていくというカラクリです。

と言いつつ、実はRASを通る情報が変われば、自然と自分の行動や選択も変わってくるんです。

逆に言うと、ポジティブな現実を望んでいるのに、現実が変わらない人は、

そもそもRASの基準が『ネガティブ情報=重要』なままで、変化していない

という可能性が高いんです。

つまり見せかけだけのポジティブ、見せかけだけの感謝になっているってこと!

なんでこんなことになるのでしょうか。

RAS基準がポジティブに変わらない理由

アイデアが浮かぶ人と浮かばない人

「ポジティブな情報を重要」と判断すれば、RASがその情報を集中して集めてくれる…

はずが、集まってこない!!

これは何故かと言うと、どんなに自分で「ポジティブになる!」とか「人に感謝する」と宣言しても、心の奥底ではそう思っていない可能性があります。

「え?何言ってるの?!幸せを望んでいるに決まってるじゃない!」

いいえ、あなたが必死に引き寄せの法則を実践して行動しても、現実が全く変わらないとしたら…。

心の奥底…つまりあなたが自覚できない潜在意識では、全く違う望みを持っている可能性が高いのです。

その状態だと、RASはいつまでたっても、「不幸になる情報」ばかりを集めてしまいます。

「潜在意識だって、自分の意識でしょ?!それなのになんで、自分が不幸になることを望んでいるのよ?!」

さらにそんな疑問が浮かんできますよね。

それにもちゃんとした理由があるのです。

人によっては、自分が幸せになることを、無意識で避けちゃっていることがあるんです。

詳しくは以下の記事を御覧ください。

あわせて読みたい
女性
【自己否定や無価値感が強い人へ】あなたが幸せになることに罪悪感はいらないこんにちは! ナビゲーターの藍です! 私がこのブログで心が楽になってほしいと思っているのは 自己否定感や無価値感が強い...

自己否定や罪悪感が強いかたは、「自分で望まない現実」を引き寄せ続けてしまうので、注意してくださいね。

この記事のまとめ

・脳のRASにより情報の取捨選択をして、望むものを引き寄せている

・ラッキーな情報を重要と脳が判断すれば、ラッキーな出来事を引き寄せる

・引き寄せの法則が発動する条件は「意識を集中する+行動する」

・無意識層が幸せを望んでいなかったら、幸せは引き寄せられない

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

陽コーチがあなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です