人間関係の悩み

私の気持ちを分かってくれない!恋人や家族に怒る本当の理由とは

批判

こんにちは!

ナビゲーターの藍です。

彼氏が何回言っても分かってくれない!

妻が私の気持ちを考えてくれない!

そんな風に、あなたは恋人や配偶者に怒ってしまったことはありませんか?

このようにキレて怒ってしまう原因は、実はあなたの心の奥底に眠る、「ある感情」がもとになっています。

藍

心の奥底にある感情で、家族にキレちゃうんですか??

ただ単に、「相手が何度言っても分かってくれない」から怒るんじゃないですか?

陽コーチ
陽コーチ

「相手が何度言っても分かってくれない」から怒ると思っている人は、自分が怒るのは相手に原因があるからだ!と思っているよね。

でも実は違うんだよ。

家族や恋人に癇癪を起すのは、相手に原因があるんじゃなく、自分の心の奥底にある、「ある感情」が原因なんだ。

今日はその「ある感情」について紹介していくよ。

「自分が怒るのは、旦那が分かってくれないから!」

「あいつはいつも、俺を怒らせるようなことばかりする!」

そんな風に怒る原因は相手にある!と思い込んでいると、いつまでたっても自分の怒りをコントロールすることはできません。

なぜなら、あなたがキレる本当の原因は、あなたの心の中にあるからです。

なぜあなたは大切であるはずの家族や恋人に対してキレるのか…。

その謎を知れば、あなたは大切な家族にキレる必要が無くなります。

人間関係が円滑に進む、本当のコミュニケーションを知ることができるので、ぜひご一読ください。

あなたは本当は怒りたいわけではない

燃えるハートを渡す手

まず始めに知っておいてほしいのは、「あなたは本当は怒りたいわけではない」ということです。

「怒る」という手段を取ることで、何かを伝えようとしているのです。

例えば、あなたが家族や恋人に対して怒ってしまうときは、どんなときですか?

「私も仕事で疲れているのに、夫は何度言っても家事を手伝ってくれないから、イライラする。」

「彼氏に連絡を頂戴って言ってるのに、ほとんどくれないから、ヒステリックに怒っちゃう。」

「飲み会に行くたびに、妻に嫌な顔ばかりされる。俺だって息抜きがしたい!だから文句を言われてるとキレる!」

このような理由でしょうか?

でもこれらの理由に共通するのは、

「私の気持ちを分かってほしい!」

という思いです。

先ほどの理由も、

「私も疲れてて辛い。」

「連絡をくれないと、すごく心配。」

「飲み会を理解してもらえないのは、悲しい。」

このように言い換えることができるのです。

そう、怒りの裏には、こんな思いが隠されているのです。

あわせて読みたい
ハートを持つ人の手
孤独に耐えられない!寂しい気持ちは恋人では解消できない?!あなたの孤独を消す方法こんにちは! ナビゲーターの藍です。 孤独が怖い、辛い、耐えられない!という方も多いですよね。 ナビゲーターもまさにそ...

怒りの裏にある感情とは?

脳と心臓を持つ女性

先ほどご紹介した、怒りの裏に隠されている気持ちについて、分かりやすくご説明します。

怒りの感情に隠れているあなたの本当の気持ちは、「期待」です。

あなたが抱えている「さみしさ」「不安」「悲しみ」「苦しさ」「辛さ」などのネガティブな感情を「理解してほしい」という「期待」が隠されているのです。

「体が疲れてしんどいから、助けてほしい。」

「連絡がないと不安だから、必ず連絡が欲しい。」

「ずっと家庭に縛られるのは辛いから、分かってほしい。」

本当は、そんな気持ちを分かってほしいのですが、相手が自分の期待と違う行動をすると、「裏切られた!」と無意識に感じて、怒りが湧きあがってしまうのです。

この怒りのもとになる、「不安」「悲しみ」などから発生する「期待」を第一次感情と言い、怒りは第二次感情と言います。

マイナス感情から発生する「期待」という第一次感情が原因で、怒りという第二次感情が生まれてくるのです。

もしもあなたが相手に何も期待していなかったら、「お願いした通りにならなかったな。でもまあいいか。」で済むはずです。

でも相手に期待をするから、期待通りにならなかったときに、怒ってしまうのです。

問題は、家族や恋人など、関係が近い相手になると、よりこの「期待感」が大きくなってしまうこと。

「恋人なんだから、私の気持ちを分かってくれてるはず。」

「何度も言ってるんだから、通じているはず。」

そんな風に「私のことを分かっているはず」と、相手に過剰に期待してしまうため、反動からキレるという表現で出てしまうのです。

でも家族や恋人に対して、いつもキレていたら、いずれ破綻する危険性も出てきます。

では一体どうしたらいいのでしょうか。

ステップ①まずは自分の本当の気持ちに気づこう

陽コーチ
陽コーチ

家族や恋人にキレないために必要なこと、その①。

まずは、怒りの裏にある、自分の本当の気持ちに気づいてあげて。

藍
 あ、そうか、自分でも「どんな気持ちがもとで怒っているのか。」分かっていないことがほとんどなんですね。
陽コーチ
陽コーチ

そうなんだよ、キレるという行動の裏に、「期待」をはじめとする第一次感情が隠されているなんて、自分自身で気づいてないことが多い。

だから相手に怒りが芽生えたときには、「私は本当はどんな気持ちなんだろう。」「怒りたいんじゃなくて、相手にどうしてほしいのかな。」って考えてみよう。

自分自身で、怒りの裏に隠れた第一次感情に気づいてあげると、そのマイナス感情に向き合うことができます。

マイナス感情に気づいてあげるだけで、「じゃあその感情を、どうやって解決していこうか。」と冷静に判断できるようになるのです。

ステップ②気づいたらSOSを素直に口に出してみて

陽コーチ
陽コーチ

家族や恋人にキレないために必要なこと、その②。

自分がどんな第一次感情を持っているのか気づいたら、それを素直に相手に伝えるんだよ。

大体が「寂しいから構ってほしい。」「辛いから助けてほしい。」「私の悲しい気持ちを分かってほしい。」というSOSの気持ちがほとんどだ。

あなたは本当は「助けてほしい。」と思っているんだ。

家族や恋人だと、より助けてほしいって気持ちが大きくなるけど、その気持ちに自分で気づかないと、素直に言葉にすることができないし、言葉にしなければ相手も気づけない。

だから自分の第一次感情に気づいた後は、それを素直に相手に伝えてみて。

「連絡をもらえないと、何かあったんじゃないかってすごく心配になるの。あなたが好きな分、不安も大きくなって苦しいんだ。」

そんな風に相手に素直に伝えることで、相手もあなたの本当の気持ちに、気づくことができるんだよ。

あなたが今までキレても、恋人や家族との関係が改善されなかったとしたら、それはあなたの本当の気持ちに、あなたも相手も気づいていなかったから。

突然「何度言ってもわからないあんたが悪い!こんなに怒ってるのは、あんたのせいだ!」と怒鳴られても、相手も批判的な気持ちを抱くだけで、あなたの気持ちを理解しようとは思いません。

しかし、あなた自身があなたの本当の気持ちに気づいて、それを素直に表現することで、相手も初めてあなたに心を開くのです。

これは相手との関係を円滑に進めるコミュニケーションの一つで、「自己開示」と言います。

自分の本当の気持ちに気づいて向き合い、そしてそれを相手に伝えるのは、怒るよりもずっと勇気がいると思います。

でも、本当の気持ちを表現して、そして解決できたときに、あなたは怒ることでは得られない、本当の幸せを手に入れることができるのです。

自分で自分の気持ちを理解できた、そして相手にも伝えることができた…

自分の気持ちに素直になれたとき、あなたの心の底にある「寂しさ」などの第一次感情も、少しずつ癒やされていくんですよ。

助けてなんて言えない!と思っていませんか?

涙

子どものころは、自分の気持ちがうまく表現できず、駄々をこねたり、泣いたりしていましたよね。

子どもは言葉が上手ではないので、怒ったり泣いたりして、なんとかママやパパに、自分の気持ちを伝えようとしているのです。

でも、言葉で表現できる大人になっても、「家族にキレる」という行動をとるということは、自分でも気づかない「分かってほしい」という気持ちを抱えているということ。

自分一人では解消しきれない、なんらかの気持ちを抱えているということです。

でも、自分でもそのことに気づかず、表現できなくて、「不満」がたまって、怒りとして爆発してしまう。

大人になると、子どもの時よりもずっと、「助けて」「甘えさせて」と表現できなくなるので、より爆発が大きくなってしまうのです。

あなたはもしかしたら、「甘えるなんてできない」「大人になったら自分で解決するべき」なんて思ってはいませんか?

本当は助けてほしい、でも言えない、だからその気持ちに気づいてくれない相手を責めてしまう…。

もしあなたが「助けてなんて言えない」と、思っていたら、以下の関連記事もご覧になってみてください。

あわせて読みたい
怒鳴る男性
怒りっぽい人の特徴はコレ!~べきと思う人はイライラしやすいので要注意 同じ出来事に遭遇しても、 「そんなことがあったのか~」で済ませる人もいれば 「なんだよそれ!めちゃくちゃムカ...

あなたを縛り付ける思い込みや、「○○べき」という考えを手放したとき、自分の本当の気持ちに気づき、素直に表現できるようになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、疑問点、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

あなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です