引き寄せの法則

ヴォルテックスに入るにはどうしたらいいの?緊張状態を解いてリラックスを目指して!

エネルギー

こんにちは!

ナビゲーターの藍です。

今日ですね、ちょうど陽コーチと「ヴォルテックス」「中庸」「緊張と緩和」の話をしましたので、シェアしようかと。

スピリチュアル界では割と有名な「ヴォルテックス」ですが、この状態に入ると、創造性が高まって願望実現すると言う話です。

そう聞くと、

ヴォルテックスに入るぜ!!!

ってヴォルテックスを意識しちゃうんですけど、意識して入れるものじゃないのです。

私も昔は過緊張だったので、緩ませるのが苦手なんですよ…。

だから意識しようと思うと

ヴォルテックス!!!(`ω´)!!

↑コレ、絶対入れてないw

特に緊張気味の人とか、もともと考え込みすぎる方は、私のように意識すればするほど、ヴォルテックスから外れてる…という状態になるので、

ってこんな記事を書いてる時点で、外れまくってる気がするw

まあいいやw(`ω´)キリッ

緊張状態のときは頭も固くなる

頭痛を感じる男性

まず緊張状態について。

緊張状態の時、自律神経の交感神経が活発になってます。

戦闘態勢とかもそうですが、めちゃくちゃ体に力が入ってる状態ですね。

「襲われたら、返り討ちにしてやるぜ!!」的な気合いが入ってます。

爆発的な力が出る状態でもありますが、体に負担がかかりますので、交感神経がずっと優位だと疲れちゃうんですよね。

私も子供の頃から過緊張だったのですが、体全体が敏感になって、ピリピリとしてるといいますか…。

肩にすごく力が入ってるんですけど、それが自分の標準だったので、「力を抜く」ってどんな状態か、全く理解できませんでした。

「力を抜いてください」

って言われても、「え?どこをどうするの??」って感じでしたね。

不眠気味で、少しの物音で目が覚めてたので、寝てるときも緊張状態だったと予想できます。

この緊張状態の時、脳も激しく動くので絶え間なく思考が出続けます。

でもその思考、大したもんじゃないのw

自分がこの現実世界で経験したこと、勉強したことがベースの思考なので、どうでもいいことばっかり。

緊張状態は同時に「頭も固くて、創造性が生まれにくい状態」って思ってください。

つまりこの状態だと、ヴォルテックスに入るのは難しいのです。

ヴォルテックスともうひとりの私

宇宙

対するヴォルテックスについて。

ヴォルテックスはエイブラハムという高次の意識体がチャネラーさんを通して教えてくれた宇宙の法則です。

なるべく簡単に説明しますね。

この私達が生きる世界って、肉体のある三次元の世界です。

この世界では私達は「人間」として存在してます。

でもね、この三次元の世界と同時に、肉体や物質が存在しない波動だけの高次元の世界があるんです。

この高次元の世界は周波数が高く、ソースと呼ばれる全ての源に存在しています。

全ての源なので、この高次の世界では、願ったことが瞬時に叶います。

この高次の世界に「もうひとりの私」が存在してるのです。

もうひとりの私は、肉体を持ちませんので、エネルギー体…と思っていただくといいかも。

この世とは別世界に存在するもうひとりの私。

パラレルワールドを思い出していただくと分かりやすいかもしれませんね。

「もうひとりの私」と「三次元の人間の私」。

この二人で一つの存在として、人生を共同創造しています。

もうひとりの私は、非常に高い周波数ですが、愛とか調和…というエネルギーを持っています。

対して人間の私は、感情によって周波数が変わります。

感情で上にいくほど周波数が高くなるので、周波数が高い感情になればなるほど、もうひとりの私とリンクしやすくなります。

もうひとりの私に三次元の私がリンクできた状態だと、ヴォルテックスと言うエネルギーの渦に入れるので、望む現実を創造できるようになります。

もうひとりの私のほうが、人間の私よりもずっと創造性が豊かでパワフルってことですね。

なので、もうひとりの私とリンクできるようになったら、楽に生きれますよ…ってことです。

(高次元では望んだ時点で瞬時に叶いますが、肉体のある三次元の世界では、物質化に時間がかかるので、叶うまでタイムラグが発生します)

エネルギーの渦であるヴォルテックスでは、あらゆる叡智や創造性が溢れていて、願望を叶えるエネルギーに満ちています。

もうひとりの私とリンクが切れるのは、不安や恐怖の感情が出た時。

不安や恐怖の感情は、周波数が低いので、周波数が非常に高い源やもうひとりの私とのリンクがぶつんと切られちゃうんです。

もちろん、ヴォルテックスからも外れます。

緊張状態のときはヴォルテックスから外れてる

そして先程の緊張状態の場合ですが、このときも思いっきしヴォルテックスから外れてます。

緊張してるときは、ストレスを感じたり、攻撃的になってる…つまり周波数が低い状態なので、どうやっても同調できないんですよ。

もちろんもうひとりの私や源ともね。

先にご紹介したエイブラハムの感情の22段階でも、下の方の状態です。

周波数が低くなるということは、どよ~んと気落ちしたり、体が疲れやすくなります。

喜んでたらヴォルテックスに入れるの??

ライブ

とういことはですよ、ヴォルテックスに入るには、周波数を高くすればいいということ。

つまり「喜び、愛、感謝」というポジティブな感情状態になればいいと。

でもですね、感情は周波数なので、波状…つまり上がったあとは必ず下がります。

ずっと「喜び状態」でいることはできないんですね。

喜びの状態でいたと思っても、次の瞬間には退屈に落ちたりします。

しかもね、「ヴォルテックスに入るためにポジティブでいよう!」と思うと、知らないうちに気合が入るので、また緊張状態になります。

ヴォルテックスにいるために、好きなことをしよう!

↑だからコレ、外れまくってるw

分かりますかね?

ニセポジティブという状態ですが、「ポジティブでいよう!」と思えば思うほど、頑張っちゃおうとする。

緊張気味の人にありがちなのが、この「やろう!と無意識に力が入っちゃう状態」

気合いや力がはいることが、無意識に定着しちゃってるので、ヴォルテックスを意識した途端に外れます。

じゃあ頑張っちゃう人は、どうしたらいいと思いますか?

ヴォルテックスは入ろうと意識するものではなく「ある」ものと知る

チャクラ

そもそもですね、ヴォルテックスに意識が同調してる人は、「ヴォルテックスに入ろう」と思って入ってるわけではないです。

陽コーチのベースがこの状態ですが、意識の収まりがいい場所だそうです!(わかんないw)

頭の力がふぁ~と抜ける

エデンみたいな感覚

だそうな。(エデンてわかんないw)

私もですね、何度か「ヴォルテックスにある」という状態になったことがあります。

でもなってるときはそんな意識は無くて、後から考えると、「あれがそうだったかな」って感じです。

思考とか浮かんだりもしますが、遠くに流れる感じといいますか…。

感情も浮かんでるかもしれませんが、そこに意識を集中しないというか…。

感情にも思考にも振り回されない状態ですね。

武道で言えば、脱力状態です。

武道の達人は、体の力が抜けてるので、敵の攻撃を流れるように避けることができます。

実は誰でも、このヴォルテックスの状態を知ってます。

子供のときは、源や本当の自分に同調してる時間が長いですから。

大人になって、その状態に近づける方法は、一番はリラックスすること。

リラックスしてるときも、もうひとりの私と同調します。

肩の力を意識して抜く

歯を食いしばりを抜く

特に、私のように過緊張だった方は、はじめは力を抜くことを意識してください。

仕事をしてるときも、肩に力が入りがちになるので、気づいたら抜く。

気づいたら、抜く…の繰り返し。

無意識まで持っていくには、初めは訓練が必要です。

でもある程度意識して力を抜いていくと、脱力が身についてきますよ。

なのではじめのうちは、自分が好きな方法で緩ませるのがおすすめ。

またマインドフルネスや瞑想もいいですね。

例えば椅子に座ってる時。

椅子に触れる肌の感触に集中する、重力を感じる。

肌に触れる服の感触に集中する。

床に触れた感触に集中する。

そのようにある感覚の一つに集中して感じきると、自然と体の力も抜けてきます。

このようなことを繰り返し、脱力状態を身に着けていくんですね。

ヴォルテックスは、入ると意識するものではなく、「ある」もの。

リラックス状態を意識していくと、ふと、自分もヴォルテックスの中に「在る」と分かります。

ヴォルテックスに近づくために必要なこと

水晶玉

さて、ヴォルテックスにいると、願望実現が可能になります。

しかし、不安や恐怖が心にあると、すぐにヴォルテックスから外れて、いつまでも望む現実が訪れません。

そのため、ヴォルテックスを意識する前に必要なのは、自己受容することです。

自己受容が進むと、どんどん本当の自分に近づくので、自然とヴォルテックスにいることが増えるんです。

私も目下修行中ですが、もしあなたが願望実現をしたいと思ったら、まずは自己受容から初めましょう。

自己受容ができると、「ヴォルテックスにある」という確信力が育つので、願望実現がスムーズになりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、疑問点、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

あなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です