お金の悩み

お金持ちになりたいのになれない!お金を失うプロセスを引き寄せの法則から解説!

お金を持つ男性

こんにちは!

ナビゲーターの藍です!

無職の状態で当時の夫に離婚宣告をされてから、早3年が経ちました…。

あわせて読みたい
私が「たかり」と言われた話~言葉そのものに意味はない!大切なのはあなたのあり方こんにちは! ナビゲーターの藍です。 人から言われた一言が、心にずっと残ってることってありませんか? ナビゲーターも最...

当時子供が不登校だったので、「とにかく早く子供の不登校をなんとかしなきゃ。今後生活が成り立たない…。」ってめちゃくちゃ不安でしたね…。

幸いにもマイホームを売ったらお金になったので、当面の生活には困らずにすみました。

そのため、半年くらいで子供の不登校状態を徐々に回復させて、外に働きに出ようって思っていました。

そして現在。

外に働きには出てませんw

さらに子供は一時登校できるようになったものの、不登校になったり復帰したりを繰り返してます。

私はフリーランスで仕事をしてるので、大丈夫なんです。

しかも結婚してたときよりも、ずっと稼げるようになりました。

ただ、すごくありがたいことなんですけど、この3年間でお金が飛ぶようになくなって、今やあんまり手元に残ってませんw

おいおい、って感じですが、「お金を無くす」って引き寄せの法則を、自分でしっかり発動してたんです!

「お金が無くなる引き寄せの法則なんて意味ないじゃん!!」

って思うかもしれませんが、知らない間にこれをしている人、多いんですよ~。

だから世の中には「生活に余裕が無いから、お金が欲しい」って人が多いんですね。

なので、私の例から拾って頂ける情報がわんさかとあると思いますよ。

私も精神的には安定してきたものの、お金へのブロッグはめちゃくちゃ!強かったので、スピリチュアルとか勉強しても、かなり引きずりました。

ではでは、私の恥さらし体験になりますが、ご覧くださいませ。

お金を失うプロセスを音声動画でも公開しています

音声動画でもこの記事の内容を、まとめて説明していますので、よろしければご覧ください。

3年前に私が当面の生活費である貯金を失った話

財布からお金を出す女性

さて、離婚した直後、無職だった私の手元には、家を売って元夫と折半したお金、数百万円がありました。

そのお金があったので、家できるフリーランスの仕事を始める余裕があり、しかも不登校の子供にも付き合うことができたんですね。

とは言え、フリーランスの仕事は、まだはじめたばかりで全く収入がない状態。

もしお金にならなかったら、子供の不登校からの復帰に合わせて、半年くらいで外に働きに出ようと思ってました。

それがですね、離婚から3ヶ月頃に子供が登校できるようになって、さらに離婚から半年後には私の仕事でもある程度の収入が見込めるようになりました。

少し余裕が出てきて、貯金にも手をつけなくてすんできたので、「良かった~!」って思ってたんですね。

そこで登場したのは、我が母です。

詳しく話すと長くなっちゃうので省きますが、母は当時借金が数百万円あったんです。

母は不動産を1件所有してたので、その物件を売って借金を返そうとしてたみたいですが、なかなか売れなくて毎月借金の利息を払い続けてると。

「利息を払い続けるのが馬鹿らしいし、物件が売れたらあなたにお金を返せるから、ちょっとの間、貸してくれる?」

って言われたんですね。

その額は私の貯金のうちの3分の2ほど。

一応手元にお金は残りますが、シングルマザーだし、仕事の収入が増えてきたとは言えまだまだ不安定。

当時私も「本当にこのままお金を稼ぎ続けられるのか」って不安がすごく大きかったんです。

だから断って全然構わない件なんですね。

でもね、私は貸しちゃったのw

「少し時間がかかるかもだけど、物件が売れれば返ってくるでしょ。」って軽く考えてました。

はい、そのお金ですが、1年後に一部は返してくれたものの、その大半が返してもらえないことが判明しました。

母の所有していた物件が、2年後に二束三文の物件だったことが判明し、やっとこ売れた額がなんと50万円!!

ち~~~ん…。

2000万円くらいの物件だと思ってたのに、50万円…。

母「ごめんね…」

ゴメンねって言われても…ですが、今思うとお金のブロックが大きい母も私も、お金を無くす行動を自分でしてるんですよね…。

これまた詳しく書くと長くなるので書きませんが、実は私がお金を貸さなくても、母は私が貸した1年後に自分の親が残したお金が臨時収入として入ったので、そのお金で借金を自分で返すことができたんですよ…。

その臨時収入の額は、母の借金とほぼ同じ。

私が変にお金を貸しちゃったので、その臨時収入を別なことに使ってしまって。(一部は私に返してくれましたけどね)

更に言うと、私には兄弟が二人いますが、母はその二人には「お金を貸してくれる?」って言ってないんですね。

兄弟二人は家庭がありましたが、収入が多かったので、通常ならシングルマザーの私よりも、お金を借りるとしたらそっちですよね。

でも、母はその二人は貸してくれなそうだし、怒られそうだし、ってことで無意識に避けて言いやすい私に言ってきたんです。

そして二つ返事で貸す私😂

「この子は貸してくれる」って母は見抜いてたんですよね~。(もちろん悪気はありません)

「私が貯金を無くす」ってシナリオがバッチリできちゃってました!

2年前は収入が増えてもお金への不安が消えなかった

風にふかれるお金の木

母へ貸したお金とは別で、収入面は1年目からどんどん上がっていきました。

2016年から2017年にかけてですね。

でも私の「不安定な職種だから、1ヶ月後はどうなるか分からない💦」って不安がすっごく大きくて。

基本的に私の仕事は一人でするものなんですが、ド素人からはじめたので、「自分はできない」って気持ちも強かったんですね。

それで偶然私の仕事について知識がたくさんあるAさんという人に出会って、いろいろと教えてもらってたんです。

Aさんは知識が多いものの、実際に仕事をすることはなく、でも人には教えたいみたいな人でした。

私よりもずっと知識があって、頭が良い方だったので、私も「教えて下さい!」って感じで頼り切ってしまったんです。

でも、Aさんは「私が正しいから、私の言うことを聞きなさい。」って感じの方だったので、段々と息苦しくなってきたんです。

仕事もAさんが「こうやれば間違いないからやりなさい。」ってことをしてたんですが、自転車操業のような感じで、やってもやっても終わらないみたいな苦しさが大きくなったんですね。

でも、私は基本的に「自分はできない」「自分は間違ってる」って思い込みが強かったので、Aさんを上位においちゃってて、自分の「この人おかしいかも…」って感覚を無視しちゃってました。

で、結局Aさんとは、お金のトラブルで離れることになりました💦

金貸してって言われたんですよ…。

数万円でしたが、お世話になってるからって貸しちゃってね💦

案の定返してもらえませんでした(;・∀・)

その後、Aさんが「この人はすごい!」って紹介してきた人が、詐欺師だったりしてね…。(野生のカンで気づいて騙されずにすみました)

そんなこんなで最後は「もう連絡してこないで下さい。」って縁を切ることに。

収入自体は増えたので、Aさんには非常に感謝したんですけど、でもお金への不安はどんどん大きくなって収入があっても出ていくほうが多くなっていました。

1年前に仮想通貨で大打撃w

ビットコイン

はい、最後の大打撃は仮想通貨

2017年にめっちゃ盛り上がりましたよね~。

実は2017年の夏前から始めたんですけど、当時売ったり買ったりを繰り返して、価格差益を臨時収入で得てたんです。

2017年はBさんという方と組んで一緒にビジネスをしてたのですが、方針が合わなくて私から離れて一人で仕事をしてました。

でも、ここでも「これでいいのだろうか…全然安定しないのはどうしたらいいのか…」って不安がでっかくて。

相変わらずのお金への不安の1年を過ごしていました。

収入は2016年よりは減ってしまっていて、不安が大きくなっちゃたんですね。

仮想通貨で価格差益があったので、実は生活面では困ってないのに、「これは臨時収入的なものだから、安定感がない!」って勝手に不安を大きくしてました。

そんで2017年12月に仮想通貨の価格が一気に爆上げしましたよね。

このときに私は「いや、こんなに急に上がるのはおかしいから、どっかで一気に下がるよな…」って思って、持ってる仮想通貨の全てを売るタイミングを見計らってたんです。

しかもウォレットへの保管方法とか、激烈めんどくさくて、「これ、本当に実用化できんの??」って利便性にも疑問があったんですね。

もう嫌な予感しか無かった(;・∀・)

でもね、頭のどこかで「いやいや、仮想通貨で億行ってる人がいるのに、これっぽちの利益で手放すの?もったいないでしょ?もっと上がるかもよ?」ってお金の不安から発生する思考が出てきちゃってました。

そんなときに、Bさんと仮想通貨の話をしたんですよ。

Bさんは私よりも投資を長くやっていて、株でかなりの利益を得ていた方。

その方が

「未来の通過を今売るなんてバカだよ。これから10倍以上になるのに、未来が見えてないんだよ!!」

はい、その意見採用~。

採用しちゃったんですよ、私w

さらに年末に買い足しまでしちゃったし(;・∀・)

そして2018年になってどんどん価格が下る仮想通貨を見ながら、「いや、また上がるはず。Bさんが言ってたから上がるはず…。」と手放すことができませんでした。

仮想通貨の価格差益、そしてBさんと一緒にビジネスした時の収入がぴったり同じくらい、仮想通貨に消えちゃいましたw

ウケますねw😂

この3年間でわかったお金へのブロック

Sad man looking at his wallet with money dollar banknotes flying out away

ここまで読んでくださった方、何かに気づきましたかね??

そう私は

・未来にお金が無くなるんじゃないかという不安が大きくて安定収入にこだわった

・お金があったらもっと安定して幸せになれると思っていた

・自分の感覚を信じず、他人の言うことに従っていた

この3つのブロックが強かったんですね。

お金は何だかんだで入ってきてて、「今月あと数百円しか無い!どうしよう!」とか「今月収入がゼロ円だ!」みたいなことは、この3年間一切なかったです。

それなのに…ですよ。

「仮想通貨の差益は臨時的で安定してない。」

「仮想通貨で億を儲けた人がいるから、自分もそうならなきゃ。」

「どの仕事も刹那的で、ずっと安定した収入にはならない。だからもっと稼がなきゃ。」

ってばっかり思ってました。

臨時収入にしろ、不安定収入にしろ、お金には変わりがないから、喜んでいればいいのに、わざわざ暗い考え方をしてました。

それで、お金への不安が大きかったから、仮想通貨も「もっとお金を手に入れなきゃ」って手放せなかったんです。

さらに私の仕事って、すごい人だと、月に7桁とか8桁とかいけたりするんです。

それに比べて自分は生活できる程度のお金しか入ってない…って他の人と比べて自分の収入は低いって思って、勝手に「自分ってなんでこう、うだつがあがらないんだろう…」って自分を卑下してました。

そのせいで余計、AさんやBさんの意見に、「それは違う」と感じつつも、その自分の感覚を無視し続けちゃったんです。

「自分の感覚を無視する」って、一見お金のことには関係ないことみたいですが、これはかなりオオアリなんですね。

お金が今まで入ってこなかったことには意味がある?引き寄せの法則からの考察

磁石でお金を吸い寄せる様子

そんなこんなで3年間、稼いだり臨時収入がありつつも、そのお金のほとんどを失ってきた私。

こうやって見返すと分かりますが、私は「お金を無くす法則」にのっとって思考し、行動してたんですね。

まさに「お金を無くす引き寄せの法則」を発動。

「お金が無くなるかも…」という不安はつまり

=今はお金が無いという強い欠乏感

が私のココロの中に存在してたんです。

この強烈な欠乏感のせいで、どんなに「お金が稼げる方法」を実践しても、常に無意識に逆の行動を取ってしまうんです。

そしてお金への欠乏感を抱えるという現実を、ずっと引き寄せ続けてしまう。

そりゃお金が無くなるわ!!うん、間違いない…

私はお金へのブロックが大きいがゆえ、こういった現象も起こりました。

ただですね、この「お金を無くす」って出来事自体、もっと広い視野で見てみましょう。

たとえば、このお金が無くなるという出来事の全ても、私の人生のシナリオにのっとってたとしたら…って考えると、今後ちょっとおもしろい展開になると思うんです。

つまりですね、3年前にはじめた私の仕事は、実は「最低限の生活費のためのもの。」であって、私が本来やりたいものではない。

だから収入も上がらなかったし、上がってもその分出て行っちゃった。

つまり、他に本当にやりたい仕事がある!!

そしてそこに意識を向かわせるために、この3年間の出来事が起こった

って風にも考えられるんですね。

そう考えると、私が仕事でもしも7桁とか8桁とか稼いでいたら、「本当にやりたい仕事」には向かわず、お金を稼ぐことに集中したと思います。

「もっと!もっと!!」ってね。

でもその状況になると、「お金が入ったら今より余裕が出るはず」⇒「つまり、お金があれば幸せになれるはず」⇒「つまり、お金ありきの人生になる」ってなっちゃいますよね。

つまりですよ、これだと

自分よりお金が上

ってなるってこと!

お金に振り回され、お金に自分の幸せを握られてる人生って…果たして幸せでしょうか?

…やっぱりそれは違うんですよね

確かにお金があったほうが、できることはや選択肢は一気に増えます。

でもね、自分の幸せは、本来、お金には左右されなんですよ…。

逆に左右されちゃうと、「お金がある!無い!」で右往左往して、私のこの3年間のように、お金を手に入れようとしてるのに逆に逃げていくという現象が起こるんですね。

そう思うと、この3年間お金がなくなったという経験は

お金に翻弄されて生きるのは違うよ

お金ではなくあなたにはやりたいことがあるんだよ

大切なのはあなたが感じる感覚だよ

って自分が気づくきっかけになるって考えられるんです。

自分の感覚を信じて生きたらどうなるのか

女性

結局この3年間の間に、「人やお金に左右される生き方は違うよ」って感覚は何度も私もキャッチしてるんです。

でもそれを拾えなかった。

だから

「お金が無くなる」という現実が引き寄せられている。

ってことですね。

つまり私が今後することは、

自分の感覚を信じる。

お金へのまだ来ない不安に翻弄されない。

お金への不安から仕事をするのではなく、自分のやりたいことをしてみる。

幸せはお金に左右されないことを実感する。

そういうことなんですね…。

面白いことに、入ってきたお金がそのままぴったり出ていく…という現象が続きましたので、これほぼ間違いないんじゃないかと。

そんで今どうしてるかですが、この3年間頑張ったおかげで、とりあえず毎月暮らせるだけの収入はそんなに働かなくても入ってきてるんです。

「じゃあ、やりたいことやっちゃえ。」

そんな心境でこのブログを書いてますw

やっとやらなきゃいけないことから離れ、やりたいことに意識が向いたんですね。

今私がやりたいことは、自分の体験を皆さんにお伝えすること。

なんでか知りませんが、とにかく今はブログが書きたい。

ただそれだけで行動しています。

はてさて、その結果がどうなるのか…。

大体今の行動の結果が分かるのって、数ヶ月~1年後くらいなんですよね。

お金のブロックが外れてきた私の今後が、今までと違う結果になったら、「こうやったらお金のブロックが無くなるよ!」って証明になります。

ということで、リアルタイムにどうなるか、乞うご期待です!

今回は「こんな行動をすると、お金が無くなっていくよ~」というお金が無くなる引き寄せの法則でしたw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、疑問点、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

あなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です