自己受容

突然襲ってくる無価値感の恐怖!隠れ自己否定を解消する方法とは?

三日月に座る女性

こんにちは!

ナビゲーターの藍です。

私はスピリチュアルとか心理学の勉強をして、すでに8年ほど経っています。

勉強したことで、感情のコントロールができたり、うつ状態から脱することができました。

ただですね、2年ほど前までは、突然襲ってくる

無価値感や自己否定感

これに苦しんでいました。

大体1ヶ月に1回くらいの頻度かな…。

1度この感情に襲われると、1週間くらいは気持ちが落ち込んだままでした。

一定期間がすぎると、「あれは何だったの??」とケロッともとに戻るので、躁うつ病でも発症してるのかと思いました😓

普通のときと、無価値感に襲われてるときと、まるで別人になるので、

どれが本当の自分なのか??

それが分からなくて、非常に苦しかったんです。

そんな時に陽コーチに出会い、いろんな事を相談するうちに、無価値感に襲われることが無くなりました。

抜け出した今だから、私はあなたに、「なぜ無価値感に襲われていたのか?」を説明することができます!

無価値感は本当にひっそりと、心の中で育っています…!!

なぜかわからないけど、突然落ち込んでしまう

という方は、是非今回の記事を御覧ください!

無価値感が突然襲ってくる理由

おばけに怯える男性

無価値感が襲ってくるタイミングは、人それぞれです。

私のように、大体月に1回くらいの人もいれば、何かにつけて「私なんて…」と思う人もいます。

この無価値感がなんで生まれてくるのか?!

無価値感から抜け出した私は、やっとそのメカニズムに気づきました。

無価値感に襲われる人は

自己否定のクセがあり、少しずつ自分の気分を下げる

という特徴があります。

エイブラハムの22段階の感情スケールだと、1段階目が一番気分が上がっている状態で、下にいくほど下がります。

自己否定や罪悪感は、21段階目にありますが、この感情を抱けば抱くほど、気分は全体的に下に下がってしまうんですね。

この自己否定って今まで私は

「私が悪いんだ」

「私なんてダメな人間だ」

「私なんて誰にも愛されない」

って分かりやすい意識だと思っていました。

でもね、自己否定ってもっと幅広く、しかもかなり根深く自分の思考に浸透していたのです…!

じんわりと自分を追い詰める隠れ自己否定とは?

溺れそうになって水面から手を出している様子

「私なんて誰にも愛されない!」

そんな分かりやすい自己否定だと自分もすぐに気づきますが、自己否定をベースに生きている人は、もっと分かりにくい無意識の領域で自己否定をしています。

言うなればプチ自己否定。

例えば、ランチに友人と行く時。

友人「ねえ、ランチは和食とイタリアンどっちがいい?」

自分「(本当はイタリアンがいいけど友人の意見と違うと嫌だから)どっちでもいいよ」

友人「じゃあ和食にしよっか」

本当は自分はイタリアンがいい。

でも友人と意見の相違があると嫌だから、無意識に「どっちでもいいよ」って言っちゃう。

こんな出来事が、日常茶飯事でありませんか?

他にも

  • 本当はレジ袋がもう一つ欲しいけど、レジの人に言えない
  • 本当は今日は残業したくないけど、断れない
  • 本当はトイレに行きたいけど、友人と話していてタイミングを見計らっちゃう
  • 美容院で「これでよろしいでしょうか?」と聞かれて、本当はもう少し切ってほしいのに「はい」と言っちゃう
  • スーパーで試食をもらった後に、本当はほしくないのに、何となく悪くて商品を買っちゃう
  • 服屋の店員さんに「超似合う~~!」と言われて、本当はいらないけど、断れずに買っちゃう

こんな些細なこと、数え切れないほどありますよね。

自己否定感が強い人は、「本当はこうしたい」という本音の声がすごく小さくなってます。

「私の意見はどうせ聞いてもらえない」「他人とうまく付き合えない」

そんな自己否定ベースの思い込みがあると、始めから自分の本音に蓋をしちゃってるんですね。

他にも

「本音はこうだけど、この人と仲良くしてたほうがいいかも」

という損得感情や、

「私はこうしたいけど、先生が言うことが正しいかも」

と、自分の本音よりも立場が上の人の意見を尊重しちゃう場合も、

実は全て自己否定になるんです。

だって自分の本音よりも、他人や損得を優先してるから。

しかも

「自分の本音を無視してることに、自分で気づいてない」

これが一番のポイント。

これって、自分で自分の気持ちを無視し続けることになるんです。

自分の本音を飲み込む、気づかない…

これをどんどん続けると、

「どうせ私には価値が無いんだ。」

そんな大きな無価値感に繋がっちゃいます。

これが突然の無価値感に襲われる理由。

本音を無意識に無視しちゃうことを、隠れ自己否定と呼びますね。

毎日ちょっとずつ隠れ自己否定することで、それが積み重なって無価値感として爆発する。

じんわりじんわりと、自分で自分を追い詰めちゃってるんですねぇ…。

私も無意識にちっちゃい本音を無視し続けた結果、大体一ヶ月に1回、耐えきれなくなって無価値感として爆発してたんです。

このコトに気づいたら、自分に「本音を我慢する・隠す」という思考のクセがないか、意識してみて下さい。

無意識にやっちゃってる人…多いと思いますよ。

隠れ自己否定を無くすには…?

天使のはねが書かれた黒板の前に立つ女性

そんな無価値感に毎月襲われていた私が、今は全く襲われなくなりました。

本音を無意識に無視するクセ…つまり隠れ自己否定をしなくなったからです。

ではなぜ、隠れ自己否定が無くなったのか…。

それは自己受容をしたから。

自己受容と一言で言っても、その工程にはいろんなステップが存在しています。

なぜ自分が自己否定を繰り返すのか理解し、そして過去の思い込みに呑まれそうになる時にその都度対処する。

その工程を理解して実践をすることで、自分を信じることができ、不安も減っていきます。

そこまで行くと、突然襲ってきた無価値感を、ま正面から受け止めることができるようになるんですね。

正面から受け止めたとき、自己受容が始まります。

そして自己受容は、あらゆる問題を解決していくほどパワフルなもの。

こころらぼでは、その自己受容までの方法を、あなたに提供したいと思っています。

もしも今、

「無価値感が出てきて苦しい…」

というあなたは、ぜひ以下の記事を御覧ください。

★★★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

陽コーチがあなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です