人間関係の悩み

仕事を辞めたいけど迷っている人へ~辞めるほうが正解?残るほうが正解?

分かれ道に立つ男性

こんにちは!

ナビゲーターの藍です。

働いている時、一度は思ったことありませんか?

仕事辞めてぇ~~~!!!

理由はいろいろあると思うんですよ。

勤務時間や残業が多すぎる、評価をしてもらえない、給料が安い、人間関係が悪い、社風が合わない、通勤時間が長い、仕事がそもそもあわない…。

これ、ぜ~~~~んぶ、ストレスですよね。

ストレスをめっちゃ抱えてるから、目の前の仕事をぶん投げて、辞めたくなる。

「仕事をやめたい」って、要は今の状態は限界が近いですよ…のサインですね。

じゃあ、そんなサインが出たときは、辞めるべきか残るべきか?どっちだと思いますか。

いざやめようと思うと、

「貯金が無いし。」

「次の仕事が決まってないし。」

「転職が成功するかわからないし。」

そんな不安が出てきて、迷っちゃいますよね。

でも、ストレスを抱えたまま現状維持を続けると、いつか限界が来ちゃうから要注意!

この記事では、仕事を「辞めるべきか・続けるべきか」2つのパターンをご紹介していきますね。

仕事を続けるべきか、辞めるべきか~陽コーチの回答

落ち葉の中に座る子供

陽コーチの結論は、どんな質問に対しても一つです。

陽コーチ
陽コーチ
辞めたほうがあなたが楽になるなら辞めたほうがいいし、辞めないほうが楽なら辞めないほうがいいですよ。

あなたが選ぶ選択肢は、どちらも正解です。

終了。

※セッションではもっと具体的に悩みを聞いて、悩みに沿ったアドバイスをもらえますw

藍
コーチ…。陽コーチが言ってることは、本質的で超重要なことはわかります!

ただ、この回答だと、「なんだか分からん。」「結局どっち?」って思うので、私がもっと質問して、アドバイスをまとめてみました!

誰でも、「どちらを選んでもいいと言われても、できれば嫌な思いをすることは避けたい」と思いますよね。

なので、もっとわかりやすく、「仕事を辞めたほうがいいパターン」と「仕事を辞めないほうがいいパターン」に分けて、例をご紹介します。

辞めたほうが良いパターン:心身の健康上に問題が出てる

疲れてるビジネスマン

これは緊急性が高いので、「辞めるべきか、辞めないべきか。」迷わなくて良いパターンです。

もしも、「労働時間が長すぎて体を壊した。」とか「上司に人格否定をされすぎて、鬱になった。」とか、心身に影響がある場合は、とりあえず辞める…という選択肢が最善かと。

自分の精神や体に変調をきたしてるのに退職しないのは、「自分よりも仕事や会社を優先する。」って言ってるようなものです。

人に迷惑をかける云々より、まずは自分を回復させるほうが先。

退職に抵抗があるなら、長期休みなどを取得してみましょう。

ではそういった緊急性が低い理由(人間関係が嫌とか、仕事が合わないとか)で、辞めるか迷っている場合。

辞めないほうが良いパターン:「逃げ」

逃げる男性

逃げるということは、まだ今の職場で挑戦できることがあるにもかかわらず、それを避けるってことですね。

※注意してほしいのは、逃げるのは悪い…ということではないですからね。

会社の人間関係で悩んでいて辞めたい…という人を例に挙げましょうか。

めっちゃ感じが悪くて、引き継ぎもろくにしてくれない先輩と仕事をしてる時。

毎日会社に行くのが憂鬱になりますよね。

そんなときでも、上司に直接相談したり、引き継ぎが無いなら「それは困ります。こういったトラブルになります。」と先輩に伝えたり、改善できることはあるんですね。

自分はそんな扱いをされたら嫌なワケですから、「嫌だ。本当はこうしてほしい。」という意思表示をするんです。

主張が無いと、誰もあなたが不満をためてることがわかりません。

最終的には、仕事内容を変えてもらうこともできるわけです。

確かに自分の本音を伝えることは、かなり勇気がいります。

「心が狭いやつって思われるんじゃないか。」

「ワガママだと思われて、会社での評価が落ちるんじゃないか。」

そんな恐怖が出てきますよね。

でもね、あなたが人間関係や仕事内容で不満が溜まっていたら、そのうち我慢の限界が来て、結局「辞める」って選択になります。

本音を伝えずに辞めた場合、実は次の職場でも同じ目に合う可能性があるんですよ。

他人の目を気にして本音を言わないから、同じように人間関係で悩んでしまうんです。

これはスピリチュアル的な観点からの話ですが、クリアすべきことから逃げると、その後はさらにキツイ現象が起こります。

嫌な現実が起こるのは、軌道修正のとき。

でも、自分がそのサインから逃げてしまうと、もっと大きなサインが来るんですね。

「そっちじゃないよ!!修正して!!!」

人は苦しい状況に置かれると、初めて「こんなのはヤダ!!なんとかしよう!」って思うんです。

そのため、人間関係に不満があって辞める時、その不満面の解消を全くしないで逃げるように辞めてしまうと、次の会社でも同じように人間関係で悩むんです。

この例の場合の修正サインは

「自分の本音を伝えること。」

そう、仕事を辞めるとか辞めないとかは関係なく、「本音を伝える」これがその人の答えなんです。

辞められない・辞めたい!どちらの心にも過剰な恐怖がある

おばけに怯える男性

今回ご紹介した2つのパターンの答えは明確ですが、実際にこれらの方はこう思ってます。

本当は、「心身の健康を崩してるから、辞めたほうがいい」

でも、「まだ倒れるほどじゃないし、私が辞めたらみんなに迷惑がかかるから、辞められない。」

本当は、「自分の希望(本音)を伝えたい!」

でも、「本音なんて言ったら嫌がられるし。今の会社を辞めて、もっと人間関係が合う会社に転職するほうがいい」

それぞれのパターンで、なぜ逆の答えを選ぶのかというと、実は共通する心理があるんです。

それは

「過剰な恐怖」

そう、潜在的に過剰な恐怖があるから、自然と、逆の答えに回避します。

健康上の理由があっても辞められない人

⇒辞めると人に迷惑をかけるかも、転職先でも同じ目に合うかも、どの会社でも似たようなものかも、転職先が決まらないかも…延々続く

本音を言えなくて辞めたい人

⇒言ってもどうせ伝わらない、言ったら嫌われるかも、職場の人間関係がもっと悪くなるかも、嫌な人間だと思われるかも、気まずくなるかも、嫌な仕事にまわされるかも…延々続く

どちらも起こっていない未来に対して、過剰な恐怖が出てきてるんです。

この過剰な恐怖は、子供の時から長い間をかけて身についた思い込み。

子供の時に、親からよく言われてませんでしたか?

「自分勝手にしないで、相手の気持ちを考えなさい!」

「言いたいことばっかり言ってると、みんなに嫌われるよ!!」

この恐怖を取り除かないと、反対の答えを選んで失敗し続けてしまうんです。

過剰な恐怖を取り除く方法とは?

影がおばけになっている子供

子供の時から親や世間から与えられてきた「過剰な恐怖」が原因で、仕事を辞める・辞めない一つをとっても、どちらを選んでいいのかわからなくなってしまう。

そこで再び登場の陽コーチ。

陽コーチ
陽コーチ
先程言ったように、あなたが選ぶ答えはどちらも正解なんです。

ただ、心の底にある『過剰な恐怖』を取り除かない限り、自分の本当に選びたい答えをいつまでも選べません。

じゃあ、過剰な恐怖を取り除くには、どうしたらいいのか。

その答えが

自己受容

です。

そう、自分の全てを受け入れられた時、人は初めて「過剰な恐怖」に振り回されること無く、自分の選びたい答えを選べるようになるんです。

あなたが選んだ人生の選択肢はネガティブな結果になっても正解

翼を付けているスーツ姿の子供

陽コーチが「あなたが選ぶ選択肢は、どちらも正解」と言う理由。

コレは人生論に通じます。

私達がこの人生を生きる目的は、「幸せの実感をしていくこと」です。

つまりですね、あなたの行動の一つ一つは、無意識のうちに、「自分が幸せと思う方向に向かうものになっている」ということです!

もし幸せの方向に向かってないときは、嫌な現実が起こったり、嫌な気持ちになります。

その嫌な現実や気持ちを通して、私達は「自分にとって何が幸せか」を知って、その方向に軌道修正します。

なので、「自分の幸せが何か分からない」って場合は、結構嫌な現実が起こったりします。

嫌な現実が起こると、「コレは嫌!こうなりたい!」って気持ちが出てきて、「自分の幸せが何か」が分かってくるので。

つまりネガティブな現実は、実は自分にとって必要があって起こってるんですね…!

だからもし、仕事を辞めちゃって、転職先でさらに嫌な扱いを受けても、それは選択肢が間違っていたわけではないんです。

「仕事先を変えることは、自分の幸せには関係ない。」って事がわかるってことです。

そしてこのネガティブな現実も、すんなり受け入れられるには、自己受容が必要になります。

ポジティブな結果もネガティブな結果も、全てを受け入れられた時、あなたは今まで生きていた世界から、一歩も二歩も前に進めるんです。

そうなると、「仕事を辞めるか、辞めないか」なんて悩みが、本当に小さな悩みだったことに気づけるんですよ。

全ての悩みから抜け出す答え…それは自己受容。

あなたに必要なものは自己受容なんです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事の感想やお悩みをお寄せ下さい。

こころらぼ の記事を御覧くださいましてありがとうございます。

記事を読んだ感想や、疑問点、あなたご自身が抱えるお悩みなど、最下部のコメント欄にどしどしお寄せ下さい。

あなたのお悩みに、直接お答えします。

(※お悩み相談は突然終了することがございますので、ご相談したいことがある方はお早めにどうぞ。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です